カベリンの副作用やダウンタイムについてしらべてみる

カベリンは従来のBNLSとは比較してめちゃくちゃ効果期待できる代物

そして最新の脂肪溶解注射として名の高い製品なので女性に間でひそかに人気となっているアイテムです。

ただそんなカベリンですが一部で副作用やダウンタイムなど効果が期待できるぶんリスクが大きいのでは?と思っている方一定数いるようです。

なので今回はカベリンの副作用やダウンタイムについていろいろと調べてみることにしました。

まずはカベリンの副作用から

まず書くクリニックで副作用について調べてみると下記の通りとなりました。

 

内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。ごく稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛

 

ごく稀にアレルギー、感染、痺れなどの不安要素があるみたいですが、注入した箇所に赤みや内出血、腫れが出てくるケースが最も多いみたいです。

ただこれは副作用というよりは注入したら、みんなそうなるみたいです。

普通の献血でも注入後は赤み内出血があるくらいなので、

ダウンタイム期間について

赤みや内出血、腫れといったものが起きる可能性がありますが、その期間は3日~1週間前後で治まることがおおいようです。

もし1週間以上たっても副作用がある場合は通院した医師に相談するのがベストだと思います。

カベリンは従来のカイベラより副作用がかなり抑えられた脂肪溶解注射

実は副作用があると言われるカベリンは従来のカイベラというものよりかなり副作用が抑えられています。

カベリンが開発されるまえはカイベラというものが出回っていたのですが注入後の腫れや赤みかなりきつく痛みもありかなり苦痛を強いられるものでした。

その成分としてはデオキシコール酸が含まれているのですがその成分の副作用を抑える成分が全く含まれていませんでした。

ただのちに開発されたカベリンでもデオキシコール酸は含まれていますが副作用を抑える成分をちゃんと入っているので大幅に改善された脂肪溶解注射といえます。

キレイパスでカベリンや脂肪溶解注射のチケットを購入するととてもお得です。

KIREIPASS

キレイパスは自分の気になる悩みや施術、クリニックなどを検索して一覧表示してくれる便利なサービスです。

ここからカベリンや他の脂肪溶解注射を検索することでとても安くで受けられるメリットがあります。

またこのブログ限定で6spssのクーポンコードを購入時に入力すると3,000円の割引をしてもらえます。

例えば、新宿美容外科クリニックでは1本4,287円でチケットが購入できるのですが、6spssのクーポンコードを使用すること1,287円でカベリン注射を打つことが出来ます。

これから初めてカベリン注射を打ってみたい方は、とても幸せになる情報だと思います。
 

■キレイパスの公式サイトはこちらをクリック←

 

まとめ

カベリンは内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。ごく稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛がある

カベリンのダウンタイム期間は2日~1週間ほど

ここまでカベリンの副作用やダウンタイムについて書いてきました。

もしもっとカベリン(カベルライン)について気になる方はこちらにかなり詳しくかかれているので観るといいですよ↓

https://xn--eckn2locj4c1741bg68a.com/

少しでも参考になれれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です