脂肪溶解注射の濃度について

ここでは脂肪溶解注射の濃度について解説していきます。

脂肪溶解注射の濃度について

まず知っておかなければならないことは脂肪溶解注射は10種類以上あります。

そして有効成分も同じものではなく濃度も変わってくるので効果の期待が当然変わってきます。

特に近年有効成分が期待されているのはデオキシコール酸という成分です。

今までのメディカルハーブとは違いしっかりと脂肪細胞を破壊する役割があるのでこれまでの脂肪溶解注射より効果がかなり期待できます。

ただ先ほどもいったように脂肪溶解注射にはいくつか種類がありデオキシコール酸の濃度も変わってくるので自分にあった脂肪溶解注射を選択する必要があります。

では何が一番いい濃度かと言いますと去年の夏ごろに新たに開発されたBNLSアルティメットという脂肪溶解注射が一番お勧めです。

BNLSアルティメット

BNLSアルティメットはデオキシコール酸の高い濃度を維持しつつも副作用や痛みを軽減できる最新の脂肪溶解注射となっています。

従来のデオキシコール酸の濃度は高いけど痛みがありなかなかダウンタイムが短くならないことから需要度があまりなかったのですが、BNLSアルティメットが登場してからは人気のある脂肪溶解注射となっており女性の間ひそかにブームとなっています。

とはいえBNLSアルティメットはカベリンやfatxのような濃度が高いというわけではなくあるていどの痛みや腫れといった副作用を抑えつつ効果を期待したい向けなのでもっと濃度の高いものだとカベリンやfatxとなってきます。

そして一番デオキシコール酸の濃度が高いのは現在ではfatxとなっています。

脂肪溶解注射の中でも一番高く効果が期待できる製品ですがその反面痛みや腫れがあります。

もし仕事をしていたり外出することが多い方には不向きかもしれませんが長期的に休める方や顔を隠せる方にはfatxがオススメかもしれません。

脂肪溶解注射の濃度が高いから効果があるというわけでもない

例えば太ももやお腹周りにも脂肪溶解注射を打つ方がいますがそれをするぐらいなら脂肪吸引をしたほうが効率がいいかと思います。

たしかにどの部位でも脂肪溶解注射は効果が期待できると言われていますがやはり広範囲にわたり脂肪細胞を破壊するとなる時間がかかるし何回も打つ必要があります。

なので金銭面を考慮するなら一回で終わる脂肪吸引のほうがおすすめでもありますね。

キレイパスでカベリンや脂肪溶解注射のチケットを購入するととてもお得です。

KIREIPASS

キレイパスは自分の気になる悩みや施術、クリニックなどを検索して一覧表示してくれる便利なサービスです。

ここからカベリンや他の脂肪溶解注射を検索することでとても安くで受けられるメリットがあります。

またこのブログ限定で6spssのクーポンコードを購入時に入力すると3,000円の割引をしてもらえます。

例えば、新宿美容外科クリニックでは1本4,287円でチケットが購入できるのですが、6spssのクーポンコードを使用すること1,287円でカベリン注射を打つことが出来ます。

これから初めてカベリン注射を打ってみたい方は、とても幸せになる情報だと思います。

 

■キレイパスの公式サイトはこちらをクリック←

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です